青汁を製法と形状から分類する

 
 

青汁の製法には

 青汁の製法には冷凍タイプ、粉末タイプ、フリーズドライタイプが有ります。

 先ず、冷凍タイプは最も一般的な製法でその名の通り液体を冷凍した物です。
その儘の味がして多少飲み難くなりますが、多くの場合作り立てを急速冷凍して作られていますので、鮮度抜群です。

普段は冷凍保管し、飲む分だけを回答して飲みます。
濃縮タイプも有り、水分を抜いて冷凍した物で、顔等御水で希釈して飲みます。
濃縮タイプはコンパクトなので、保存場所に困る場合に適しています。

いろいろなタイプの青汁

粉末タイプは青汁を乾燥させた物です。
成分自体は液体の場合と変わりませんが、いつでも何処でも飲め、長く保存出来釣り短があります。
味に関しては飲み易い物が多く、液体タイプが苦手な場合でも比較的美味しく飲む事が出来ます。

 フリーズドライタイプは青汁を急速冷凍させ、真空の釜で乾燥させて作られます。
御湯や水で液体状に戻して飲みます。
フリーズドライは高熱処理をしないので、栄養素は殆ど壊れない、手軽に飲めると言う利点が有ります。

 又、形状には粒と錠剤が有ります。
 粒は乾燥品を固めた物です。

サプリメント感覚で苦さや不味さを我慢せず摂取出来る、携帯に便利、栄養素がその儘凝縮されていると言った利点が有ります。

コップ一杯分の液体が20から30粒程度値成るので、一度に多くの数を飲む必要が有ります。

 錠剤は粉末品を凝固させて錠剤状にした物です。
大変手軽に飲め、栄養バランスが良く、他の薬と併用出来る利点は有る物の、粒タイプと同様一度に多くの数を飲む必要が有ります。

サイト運営者について
会社案内
個人情報保護規約について
利用規約・免責事項
管理人のおススメサイトインフォメーション
美容と健康の為に毎日の青汁ライフ
青汁によるビタミン解消について
手軽で簡単に野菜不足が補える青汁
青汁を製法と形状から分類する
美味しい青汁、試しに飲みはじめました
 
Copyright (c)2007-2011 青汁の疑問をずばり解消All Rights Reserved.